消炎止痛、傷癒合の促進

消炎止痛、促進傷口癒合

片仔癀はよく手術前後に使われており、高熱や痛み、手術創感染などの回復時間を短縮できます。特に糖尿病者における癒合効果は医者たちにも驚くほど大きいです。


 

「片仔癀は清熱解毒、消炎などに独特な効果が持ち、広域スペクトルと言われるほど解毒消炎と鎮痛ができる天然薬です。」


– 陳可冀教授 中国科学院院士 –

福建医科大学付属医院
≪炎症治療における片仔癀の塗布効果について観察62例≫

IMG

臨床実証:片仔癀の消腫止痛効果はすぐに効くし、副作用はありません。

片仔癀使用方法:以片仔癀粉調勻成糊狀濕敷於炎症傷口。
*以片仔癀濕敷治癒31位因胺碘酮 (Am​​iodarone) 所致炎症患者,24人完全痊癒;對比相同情況但以50%硫酸鎂濕敷治癒的31位患者,僅8人完全痊癒。

中国人民解放軍175医院
≪片仔癀が軟組織損傷における臨床検証報告60例≫

軟組織損傷患者の回復状況を観察する:



臨床実証:片仔癀は軟組織損傷にはとても効果的であります。

片仔癀服用方法:連續服用片仔癀4天,每天0.36g/kg。*60例服用片仔癀的患者,25例完全痊癒(42%);26例顯效(43%); 9例有效(15%)。

real_cases

片仔癀は炎症と創傷癒合の力は、糖尿病者には一番発揮できます。

背景:漢方医の母親が長期糖尿病で、身に癒合しにくい傷口が多々ある、太腿の傷は掌のような大きさがある、もう半年以上続いている。医者は切枝と勧めたが、漢方医は漢方で治したいと思って断った。
2015年6月、その漢方医は処方に片仔癀を加えた、毎日0.6g、外用に片仔癀跌打精を併用した。

結果:一か月後、太腿にある傷口は手のひらぐらい大きく、三か月後には親指ぐらいの大きさまで縮小した;六か月後、傷口は完治した。

背景:女性(60歳) 糖尿病患者
80年代、車いすに乗った一人の女性がいつも店に処方してもらっていました。彼女の右足には癒合できない傷があって、太腿を保全するために下肢を切除と医者に言われ、このまま悪化していくと太腿まで切除しなければならなりません。手術の日程も決めたある日、店員が婦人に片仔癀を勧めました。

結果:手術前日に再診すると、驚くことに状況は悪化しいない、もうちょっと観察すべきだと医者は判断し、手術は後倒しになりました。

婦人は三か月間止まずに片仔癀を服用し、毎週も絶えずに再診に行って、結果的に手術はもういらないと医者は判断しました。
現在、我々にはその婦人の姿が見つかりません、ただその店員さんが今インドネシアにあるチェーンドラックストアの親方になり、片仔癀の海外代理店の一人でした。

背景:男性(58歳) 舌癌患者
舌癌で切除手術を受けなければなりません、手術後にはもう発音できないと医者が予測していた。患者は手術前に5箱の片仔癀カプセルを飲んだ。
結果:切除部分は必要以上に小さくなり、手術後患者はまだ話すことができる、熱も出ていない。手術前に一体なにをしたと、医者に聞かれた。

1960年代、長期にわたり、多数の死傷者を出ていました。

当時、中国は前線の北ベトナム軍に西洋医薬品を送ることが、物理的にも経済的にも極めて困難な状況にあるため、同様の消炎効果が持つ片仔癀を国内から集め、戦地へ送りました。

片仔癀は戦場におけるその驚くべき効果がさらに注目が集まった。このベトナム戦争をきっかけに、全世界にその名を馳せたのは、片仔癀であります。

 

片仔癀・傷口・炎症に関するよくある質問

WhatsApp chat