配合放化療治療頑疾

配合放化療治療頑疾

癌病の治療に放射線療法・化学療法と併用
悪病の治療には主に化学放射線療法と外科治療があります。

一定の効果はありますが、副作用も伴っているため、患者たちは治療前後の問題に対しさらなる補助が必要です。
多々の臨床実証や医学研究により、片仔癀は化学放射線治療による副作用、例えば免疫力低下速度を緩めつつ、臨床感染率を減少、薬物が肝と腎に与える損害を緩和することができます。それと同時に、患者の生活の質を向上させる一方、変異細胞の増殖、再発・転移などを抑え、西洋医学療法とお互い補足することができます。

 

「片仔癀は鎮痛のに効果が抜群、細胞変異に対するコントロール、熱の解消にも効果的である」

– 于連清教授、北京広安門医院腫瘍専門家より –

中国薬科大学
<<試験管内血管研究片仔廣のバリアント細胞増殖>>

片仔廣変動を効果的に異常な細胞の栄養吸収を減少させる、血管の細胞増殖を阻害することができ、さらには異常な細胞が収縮またはフェード促進することができる:研究は示しています。

*以10up/mL片仔癀抑制頑症細胞一級血管生長的抑制率高達61.1%,效果媲美以400up/mL環粦酰安(Cyclophosphamide) 產生63.2%的抑制率。

中国薬科大学
≪原発性肝がん患者に片仔癀カプセルと化学放射線治療合わせて臨床観察240例≫

片仔廣の比較群(+片仔廣介入治療)と対照群(介入療法+プラセボ)インデックスの変更前と化学療法を受けた後、

1.肝機能 

2.副作用 

3.鎮痛剤の使用量

4.変異体細胞の面積 

5.白血球の変化

6.総合中国医学論証

結果:片仔癀は変異細胞の縮小、QOLの向上、痛み止めなど総合効果は対照組より明らかに優れています。化学治療薬による白血球減少、吐き気や嘔吐、アラニンアミノ基転移酵素(ALT)上昇などの毒副作用も明らかに対照組より軽いです。
片仔癀カプセルと化学放射線と併用が癌治療に顕著な効果があります。

1日3回に2錠つつ、八週間連続服用。

real_cases

癌病に対し、患者も家族も何とかしたい気持ちがいっぱいでしたが、悲しいと無力を感じる場合が多いでしょう。ここで、各段階の病気に片仔癀がどんな効果が与えられるのかを見ていきましょう。

背景:女性(50歳) 乳癌患者
1996年乳癌の確診、切除手術を受けました。
化学治療も医者に勧められたが断りました。中医のアドバイスを取って片仔癀を5ヶ月連続で取ることになりました。

結果:5ヶ月後、悪い細胞は拡散せず、再発の兆候もお見当たりません。
その後、3ヶ月に10日連続で片仔癀を服用、今にきて20年も経っていました。

背景:男性(62歳) 飲酒やタバコの習慣がありません。腸壁に卵ぐらいの良性腫瘤ができました、特に害はないようです。

結果:片仔癀1ヶ月連続服用して検査を受けると、腫瘤が消えました。

背景:女性(760歳) 肝硬変症患者、小売業
原発性胆汁性肝硬変症との診断を受け、治療中に偶然片仔癀と出会いました。飲み始めてからは血液検査の数値も下がり、睡眠も十分とれるくらい体調も気持ちも安定。食欲も出てきて、食事がおいしく頂けるようになりました。肝硬変症にかかって以来、仕事に出られない状態が続いていましたが、片仔癀を飲み始めて安定してきてからは、以前ほどではありませんが、疲労感を感じなくなりました。また、合併症の気管支拡張症で出血していましたが、これも今ではほとんど出血がなくなりました。

背景:男性(62歳)
家族に肝癌問題がありました。2003年母親が肝癌で残り三か月しかないと医者に断言された。結果、三か月後は他界しました。その間、とても苦しんでいました。

2013年、兄も同じく肝癌になり、寿命は同じく残り三か月だと言われ、今度は放射線化学治療を受けて、同時に片仔癀服用始めました。

結果:治療を受ける間、兄は一般人のように活動していました、運転したり運動したりして、髪の毛もいつも以上に落としていませんでした、ALT(GPT)も制御可能の範囲内にあります。結果的に18月ほど生きていました、逝く前の数日間だけ苦しい表現がありました。

1950年、中国有名の漢方医盛國容教授は《中医雑誌》で片仔癀が病気に対する臨床結果について発表しました。
当時一人のフィリピン華僑が大金払って医者に肝がんの治療を頼みました。医者はせいぜい三ヶ月しか残っていないと断言したのに、華僑はその後、諦めずに中国に帰って盛國容教授に診てもらいました。
盛教授は片仔癀と魚腥草を合わせて処方しました。半年後、肝機能と肝指数は正常に戻り、それで片仔癀の名前はフィリピンで知られました。

片仔癀と癌病Q&A